コンセプト

024

 

 

 

 


c001

060

 

 

 

私たちの家づくりの第一歩として、まず強い家から始まります。
住まう人が安心して過ごせることが、最も大切であると考えています。

柱・梁を含む全ての構造材に国産ヒノキ材を使用し、接合部分は高精度・高強度を誇る特殊金物で接合することにより強固な躯体(ハコ)を実現しました。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

c002

 

 

001

 

私たちは人生の長い時間を家で過ごします。

この大切な家を建てる時に多くの人が間取りや外観などを真剣に考えますが「どのような建材を使っているのか?」ということに関心を持たれている方は少ないのかもしれません。

 

建材に使用される化学物質は少しづつ室内に広がり、私たちの知らない間に体内に蓄積されていきます。微量で反応する人もいれば、長く住んでも症状に出ない人もいます。

しかし高断熱・高気密性が進んできた最近の住宅では、揮発性の化学物質が室内に閉じ込められがちになっています。

 

そこで、出来る限り化学物質を使用した建材を使わないことが注目されてきており、少しでも健康に暮らせる家づくりをすることが私たちの考えです。

 

 

 

 


 

 

 

c003

 

002

 

 

無垢材や漆喰などの自然素材で建てた家は空気が新鮮でシックハウスの原因となる化学物質が極めて少なく快適さを実感できます。

 

また自然素材そのものが呼吸する素材であるため、夏は室内の湿気を調整し冬は結露が起きにくく、カビやダニの発生も少ないとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

無垢材フローリング

008

木がもつやさしい肌ざわりは私たちを心地よく包んでくれます。

 

夏は冷たく冬はじんわじ温かく感じるのも、熱を伝えにくい材質だからです。
木目の風合いや木の香りには癒しの効果があるとされています。

 

また小さな子供は床に近い所で過ごす時間が長いので、子育て世代のお客様にも喜んで使っていただいております。

 

 

>>・詳しく見る

 

 

 

漆 喰

008-1

漆喰とは石灰石や貝殻などを焼いたものに水を加えたもので、壁に塗ると空気中の二酸化炭素を吸収しながら何十年という時間をかけて自然に強度を増し元の石灰石に戻ります。

まさに生きている素材と言えるでしょう。

 

多孔質な構造により吸湿・放湿性に優れ部屋の湿度を適度に調整する効果があり、結露を防止し心地よい室内環境をつくります。

 

 

>>・詳しく見る

 

 

 

珪藻土

008-3

珪藻土とはプランクトン(珪藻)が海底や湖底に長年にわたって堆積してできた粘土状の泥土で、主成分のシリカは直径0.1~1ミクロンという超微細で多孔質な構造をもつことから、保温・断熱・結露防止・調湿・遮音・脱臭などの機能をもち、古くから七輪などの原料として使われてきました。

 

 

 

 

 

 

セルローズファイバー

008-2

セルローズファイバーは天然の木質繊維で、原料は新聞紙などを粉砕し線状にしたものです。
様々な繊維が絡み合って空気の層をつくるので、熱や音を伝えにくくさせます。

 

化学物質の放散試験において、F☆☆☆☆(フォースター)※以上の安全性が国際的に認められています。
吸放湿性の効果でカビや菌の発生を防止し、結露の心配も極めて少ないとされています。

 

>>・詳しく見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※F☆☆☆☆(フォースター)

F☆☆☆☆(フォースター)とは、ホルムアルデヒドを発散する建材の発散量の等級です。
建築基準法により、内装材に使用する建材はその発散レベルに応じて使用面積が制限されています。

 

発散レベルはJIS・JASまたは国土交通大臣認定により、星の数で等級をランク付けします。

その中でF☆☆☆☆は最も放散レベルの低いもので、使用面積の制限がありません。

 

 

 


 

 

 

134

 

 

007ショッピングに出かけて服を試着した時に自分にピッタリ合うと、すごく気持ちがいいですよね。

反対に少しサイズの違ったものを買ってしまうと、愛着がなくなって着る機会も少なくなってしまうことってありませんか?
家を建てるのもよく似ていると思うんです。

広すぎるリビングは落ち着かなかったり、収納スペースが少なかったり・・・。

購入時にかかる諸経費や家具、電化製品も含めてどのくらいの費用が必要になるのか、月々支払う住宅ローンにも無理がないか、将来金利が上がることも想定しながら慎重にすすめていきましょう。

 

自分たちにピッタリな家づくりをしていただくために私たちのショールームで住空間を体験していただき、お客様にとっての「ちょうどいい」を見つけていただければと思っています。

 

 

 

 


 

 

 

c005
059「理想の家」とは何を意味するのでしょうか?
もちろん家族構成やライフスタイルによって様々ですよね。

 

間取り、外観デザイン、インテリア、外構・・・私たちがご提案させていただく項目はたくさんあります。
設計には大きく二つの要素があると考えています。
一つは外観の美しさ、カッコ良さを表現する「デザイン設計」。

 

もう一つは住まう人が快適に暮らせる「空間設計」。
この二つの設計要素のバランスがとても重要で、デザイン重視になると住みにくい家になったり空間設計だけが先行すると外観の美しさが欠けてしまいます。

 

私たちはこの二つの要素を調和させながら、家族構成とライフスタイルに合った愛着のもてる家づくりをご提案いたします。

 

 

 

c0061